ネイルオイル効果を最大限に発揮する方法

ネイルオイル効果を最大限に発揮する方法

乾燥しがちな爪のケアに欠かせないネイルオイルは、正しい方法で使う事でさらに効果がアップします。あなたのそのネイルオイルの使い方、実は間違っているかもしれません。ネイルケア効果を最大限に発揮するための、正しいネイルオイルの使い方をご紹介します。

 

ネイルオイルを使う前に

ネイルオイルは、マニキュアやジェルネイルの上からでも使う事ができます。まず、ネイルオイルをつかう前に石鹸で綺麗に手を洗いましょう。余分な油分や汚れを落とすことで、ネイルオイルが皮膚や爪に浸透しやすくなります。また、手を洗った後はハンドクリームなどを付けず、そのままの状態でネイルオイルを使ったケアを行います。

 

ネイルオイルを使ったケアの基本

ネイルオイルを使ったケアは、片手ずつ行うのが基本です。まず、爪のキューティクルと呼ばれる甘皮の部分にネイルオイルを乗せていきます。オイルを乗せた部分を指の腹でマッサージするようにくるくるネイルオイルを馴染ませます。甘皮のキューティクルの部分は敏感なので、強くこすりすぎないように注意して下さい。爪の根元のマッサージが終わったら、今度は爪の左右の部分も同様にマッサージしていきます。

 

スキンケアでは、ハンドプレスをして化粧水を肌になじませますが、爪の場合も優しくプレスしてあげると効果的です。ネイルオイルを塗ったところに、指でやさしくプレスしてみましょう。ゆっくりとプレスする事で、内部にネイルオイルの成分をしっかり浸透させます。体温で温めながらゆっくりとネイルオイルを浸透させることで、保湿効果がより高まります。

 

 

 

ネイルオイルを使うのはいつがいい?

ネイルオイルを使ったケアは、毎日時間を決めて行うより、乾燥が気になった時にこまめに行うのがおすすめです。特に、冬は爪も乾燥しやすいため、携帯用に持ち歩けるネイルオイルを持っておくと便利です。さらに、手を洗った後やお風呂上りなどにもネイルオイルを塗るといいでしょう。

 

また、寝ている間は水分が蒸発しやすいため、爪も乾燥しやすくなります。寝ている間の乾燥を防ぐために、寝る前にはしっかりネイルオイルでケアしておきましょう。おやすみ前のケアをしっかりすれば、艶のある潤いネイルをキープすることができます。

 

乾燥が気になる時の効果的なネイルオイルのケア方法

ネイルサロンでケアしたようななめらかな自爪を手に入れるために、普段のお手入れにひと手間プラスしてみると、より高い効果を得られます。手軽にできてリラックス効果もあるネイルオイルパックは、是非自宅で試してみたいケア方法です。

 

用意するのは、普段使っているネイルオイルと、サランラップと蒸しタオルだけです。ネイルオイルを使った普段通りのケアをしてから少し多めにネイルオイルを馴染ませ、ラップを巻いて蒸しタオルで包んだら、そのまま10分ほどパックします。乾燥していた部分にしっかりネイルオイルが浸透し、固くなった指先の皮膚も柔らかくなるので、乾燥が酷い時のスペシャルケアとしておすすめです。

 

甘皮ケアにはネイルオイルを忘れずに!

自宅でのセルフネイルケアで甘皮の処理をしている方も多いですが、その時に忘れてはいけないのがネイルオイルを使う事です。甘皮ケアは、固くなった甘皮を取り除き、健康な爪を育てるために欠かせないケアです。

 

しかし、甘皮ケアは爪に刺激を与えやすく、水分を奪ってしまいがちです。爪への刺激をできるだけ抑えるためにも、ネイルオイルを使って爪を保護しながら甘皮ケアを行いましょう。ネイルオイルでマッサージした甘皮を綿棒で押すだけで、自宅の甘皮ケアは十分効果的です。もちろん、甘皮を処理した後は、ネイルオイルで保湿も忘れずに。